エキスペラーとは

通常の遠心式ポンプには、グランドパッキンとメカニカルシールという二種類の軸封装置がありますが、スラリーポンプの代名詞であるワーマンポンプではエキスペラー(遠心羽根)シールという弊社独自の第三の軸封機構をご提案できます。

エキスペラーシールとは、ワーマンポンプの発明者であるC.H.ワーマン氏(豪州人技術者)により独自に開発された画期的な軸封装置です。遠心ポンプの羽根車の裏側に取り付けたエキスペラーの回転による遠心力によってスラリー揚液をケーシング内に押し戻す力が働き、ポンプ運転中にスラリー揚液が軸封部に浸入することを抑制するシール機構のことです。

  • シールできる条件は、機種、仕様、配管状況により変化します。
    またポンプ停止中はグランドパッキンやリップシールなどでスラリー揚液をシールします。

エキスペラーのメリット

  • メカニカルシールと比べ安価な為、スラリーポンプ本体の初期費用、部品の保守・維持費用を低く抑えられる
  • 構造が単純で部品交換作業が容易
  • 無注水での使用も可能で、注水配管・注水設備などユーティリティーの簡略化が可能な為、設備の初期費用、
    保守・維持費用を低く抑えられる
  • 10m程度までの高い押し込み条件にも対応可能
  • シールできる条件は、機種、仕様、配管状況により変化します。
    またポンプ停止中はグランドパッキンやリップシールなどでスラリー揚液をシールします。

エキスペラーシールのデモンストレーション動画

ポンプの豆知識に戻る

お問い合わせ カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。 03-3667-0091 受付時間 平日9:15~17:15 ※年末年始・GW・夏季・冬季期間は除きます。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求