プランジャーポンプとは

プランジャーポンプとは

プランジャーポンプ

プランジャーポンプ(プランジャポンプ)とは、プランジャー(ロッド状のピストン)をカムやクランクなどにより往復運動させ、容積変化をさせて液体を吸込み側より吐出し側へ押出す方式の容積式の往復ポンプです。シール機構がポンプ本体(シリンダ)側にあるのがピストンポンプとの構造上の大きな違いです。構造上の特長から高圧を得ることができ、また吐出し量を変化させることが比較的容易であるので、自動車の燃料供給や高圧ガス機器などによく用いられるポンプです。また家庭用の高圧洗浄機にも同様の機構が多く使われています。

弊社の詳しい製品の情報を知りたい方は高圧プランジャーポンプ

をご確認ください。

プランジャーポンプの原理・構造

URACAは、100年以上に亘り容積式ポンプである高圧プランジャーポンプの製造・販売に特化し、市場をリードしてきた世界的なトップ企業で、様々な揚液を高圧で移送することができるポンプを製造しています。
URACAのプランジャーポンプは、多くの過酷な産業分野や用途において24時間休み無く稼動しており、高圧洗浄などの間欠運転用途にも沢山の実績があります。
URACAでは、様々な機械設備システムの中核となる高品質で信頼性の高い高圧プランジャーポンプを供給しています。

 

<構造図>

 

容積式ポンプとは

                   渦巻きポンプ
                   (ワーマン®ポンプヒドロスタルポンプNSポンプ
                   
       非容積式            斜流ポンプ
       (ターボポンプ)          
                   
                   軸流ポンプ
                   
                   
ポンプ                   ピストンポンプ
                 (プツマイスターポンプ)
                   
             往復ポンプ      ダイアフラムポンプ
                 (フェルバポンプ)
                   
       容積式            プランジャーポンプ
                 (ウラカポンプ)
                 
             回転ポンプ      ネジポンプ、ギヤポンプ、ベーンポンプ等
               

 

 

容積式ポンプは、ポンプ内の液体に対してピストン等の往復運動(往復ポンプ)や回転運動(回転ポンプ)によって液体にエネルギーを加え、液体の容積を変化させて送液するポンプの総称です。
往復運動によって送液するポンプを往復ポンプと呼び、その種類は以下の3種類があります。

 

1.プランジャーポンプ
プランジャーポンプは、ロッド状のピストンの往復運動によって容積変化させて送液するポンプです。
> プランジャーポンプの詳細はこちら

 

2.ピストンポンプ
ピストンポンプは、シリンダー内部のピストンの往復運動によって液体を容積変化させて送液するポンプです。
> ピストンポンプの詳細はこちら

 

3.ダイヤフラムポンプ
ダイヤフラムポンプは、金属または非金属の弾性膜の往復運動によって液体を容積変化させて送液するポンプです。
> ダイヤフラムポンプの詳細はこちら

ラサ商事の取り扱うプランジャーポンプ

 

機能と構造のご紹介動画

 

その他ポンプ製品

ラサ商事のポンプ製品一覧はこちら

ラサ商事のワーマン®ポンプ

ワーマン®ポンプの特徴
  • 接液部品の材質選定により、あらゆる液体及びスラリー移送が可能です。
  • ポンプ構造が簡単で、分解・組立などのメンテナンスが大幅に省力化できるため、整備に手間がかかりません。
  • 羽根車・ライナー等は耐摩耗性に優れています。
ワーマン®ポンプ関連製品
ケミカルスラリーポンプ
耐摩性スラリーポンプ
自吸式スラリーポンプ

ポンプの豆知識一覧

お問い合わせ カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。 03-3667-0091 受付時間 平日9:15~17:15 ※年末年始・GW・夏季・冬季期間は除きます。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求