ピストンポンプとは

ピストンポンプとは

ピストンポンプは代表的な容積式往復ポンプの一種で、身近なところでは手動式の井戸水ポンプがこれに当たります。ピストンポンプはシリンダー内部のピストンの往復運動によって液体を容積変化させて送液します。同じ容積式の往復ポンプであるプランジャーポンプとの大きな違いは、シールラインがピストン側にあることです。(プランジャーポンプはシールラインが本体側にあります)
弊社の詳しい製品の情報を知りたい方はプツマイスターポンプ製品一覧をご確認ください。

ピストンポンプの原理・構造

<構造例>

ピストンポンプの原理・構造

ピストンポンプの原理は、シリンダー内部のピストン(プランジャー)を往復させ、大気圧の影響により容積を変えることで吸込・吐出を行う仕組みとなります。

ラサ商事の取り扱うピストンポンプ

ラサ商事のワーマン®ポンプ

ワーマン®ポンプの特徴
  • 接液部品の材質選定により、あらゆる液体及びスラリー移送が可能です。
  • ポンプ構造が簡単で、分解・組立などのメンテナンスが大幅に省力化できるため、整備に手間がかかりません。
  • 羽根車・ライナー等は耐摩耗性に優れています。
ワーマン®ポンプ関連製品
ケミカルスラリーポンプ
耐摩性スラリーポンプ
自吸式スラリーポンプ

ポンプの豆知識一覧

お問い合わせ カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。 03-3667-0091 受付時間 平日9:15~17:15 ※年末年始・GW・夏季・冬季期間は除きます。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求