スラリーポンプ 製品サイト:HOME > 製品一覧から探す > ダイヤフラムポンプ(ダイアフラムポンプ)

ホース・ダイヤフラムポンプ

ダイヤフラムポンプ(ダイアフラムポンプ)

フェルバポンプ ホース・ダイヤフラムポンプ

移送液と作動油室を二重構造で隔離。
より安全性を重視した構造で移送します。

遠心ポンプでは送れないほど粘性が高い揚液の流送に最適。移送物と作動液室が二重構造になっているダイヤフラムとホースが内側をしっかりガードし、作動油の混入が許されない現場で高い評価を得ています。

特徴

二重隔壁構造(ダイヤフラム+ホース)で接液部が円筒状(ホース)となっているため、移送粒子が堆積することがありません。
ダイヤフラム室のホース及びダイヤフラムの破損検知センサーによって運転管理を容易にし、高い安全性を確保。
ピストンコンプレッサー機能を有し、脈動を吸収します。
長い経験及び多くの実績に裏打ちされた安定した運転が可能。

用途

下水汚泥、浄水汚泥、鉱業、窯業、セメント、化学工業、製紙等のあらゆる業種のスラリー液やその他に塗料、油脂等の粘性物輸送、フィルタープレス及びスプレードライヤー打込液給液並びに高圧容器への供給ポンプとして、豊富な実績があります。

仕様

よくある質問

関連製品

サポート

アフターサポート 製品選定のサポート お電話でのお問い合わせ 03-3667-0091 平日9:15~17:15 メールでのお問い合わせ
全国の主要都市の支店・営業所に加え、機械整備および物流拠点である「機械センター」を活用する万全の体制でサポートを提供。

お客様のご要望をより深く理解するため、お客様への直接販売を基本としています。
専門知識を持ったスタッフが、お客様のご質問・ご相談に親切におこたえします。スラリーポンプのことなら、何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

スラリーポンプ販売・選定のラサ商事

関連事例

ワーマンポンプとは

ワーマンポンプとは①

現在、世界中で多くの種類のスラリーポンプが製造され、
様々な用途に使用されていますが、 遠心式スラリーポンプの代名詞として世界的に最も有名なスラリーポンプはワーマンポンプです。

ワーマンポンプの構造

ワーマンポンプとは②

ワーマンポンプの構造について、①羽根車、②ケーシング、③
軸封、④軸受部、⑤接液部材質をご紹介します。

関連事例

浄水場

浄水場(水)

河川の水を取り入れ、水を浄化する浄水場においてポンプ内部の破損でオイルが水に混入することは、どんなことがあっても防ぐ必要があります。そのために独自の二重構造を持つフェルバポンプが各地の浄水場で導入されています。

関連資料

お問い合わせ カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。 03-3667-0091 受付時間 平日9:15~17:15 ※年末年始は除きます。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求

遠心ポンプでは送れないほど粘性が高い流送に適し、移送液と作動油室が二重構造になっているホースダイヤフラムポンプならラサ商事にお問い合わせください。ダイヤフラムとホースが内側をしっかりガードし、作動液の油の混入が許されない現場で高い能力を発揮。下水汚泥、浄水汚泥、鉱業、窯業、セメント、化学工業、製紙等のあらゆる業種のスラリー液や塗料、油脂等の粘性物輸送で活躍できるホースダイヤフラムポンプ(ダイアフラムポンプ)です。