スラリーポンプ 製品サイト:HOME > 課題から探す > 水没しても運転が継続するポンプにしたい

水没しても運転が継続するポンプにしたい

課題

東日本大震災では、津波によって多くの処理場・工場のポンプが水没し、使用不可能になってしまいました。
海に近いところに設備があるため、今後に備えたいと考えています。

arr

解決策

津波に限らず、豪雨などの発生予測が難しい災害に備え、水中だけでなく大気中であっても 継続して運転ができるポンプの導入が急務です。

水中ポンプでありながら、大気中での連続運転が可能な機能が注目されているヒドロスタル水中ポンプがお勧めです。
このポンプは地震などの大災害によってライフラインが途絶えることのないよう、BCP(Business Continuity Plan)対策用として導入されています。
また、夾雑物(生活から生じたゴミ・瓦礫・魚等)の流入においても、通過粒径がポンプ口径の60%以上あるため、運転停止を起こしにくい無閉塞性が期待されています。

課題解決につながる製品

汚水用水中ポンプ・海水用水中ポンプ

ヒドロスタルポンプ ヒドロスタル水中ポンプ

スクリュー式水中ポンプ

スクリューインペラーを搭載。気中連続運転が可能。

用途

マンホールポンプ・中継ポンプ・汚水ポンプ・汚泥ポンプ・雨水排水・工場排水・下水沈殿物・下水揚砂。

関連事例

下水道BCP対策(下水・夾雑物)

下水道BCP対策(下水・夾雑物)

津波や豪雨、高潮によってポンプが水没すれば下水道設備機能が麻痺します。その事態を回避するために注目されているのが、大気中でも運転できるヒドロスタル水中ポンプです。

お問い合わせ カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。 03-3667-0091 受付時間 平日9:15~17:15 ※年末年始・GW・夏季・冬季期間は除きます。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求